良いお客さんになるメリット

施術者に好かれれば良い施術を受けられる

スタッフさんも人間ですので、お客さんに対する好き嫌いというものは必ずあると思います。
もちろんプロなのですから、嫌いだからと言ってわざと手を抜くなんて人はいないと思いますが、どうしたって多少差は出てくるのではないでしょうか。
 
それを非難するのはナンセンスですし、それが嫌なら良いお客さんになろうと意識すれば良いだけの話しですので、施術者にとって良いお客さんとはどんな人か考えていきましょう。
 

時間に絶対遅れない

これは最低限のマナーですし、遅れないのが当たり前ですよね。
マッサージ店の人って、忙しい時期は特にそうですがやる事はいっぱいありますし、ゆっくり休憩をとれないところがほとんどです。
それなのに時間に遅れてしまうような事があったら、その時点で施術者のモチベーションは下がってしまいます。
なので、開始時間より少し余裕を持ってお店に到着するのが良いですし、万が一遅れてしまいそうなときは早めに連絡を入れましょう。

 

どうして辛くなったのか言ってくれる

例えば肩こりが酷い人がいたとして、ただ肩こりが酷いので揉んで欲しい。と言う人と、デスクワークで長時間同じ体勢で肩こりが酷くて・・・。という人ではどちらの人を施術したいと思いますか?
恐らく後者の方が揉んであげたい気持ちになった人が多いかと思います。
基本的に施術者の人は、マッサージで少しでも力になりたいと思っている方達なので、お客さんの弱さや辛さを聞くと、何とかしてあげない!と思ってくれる人ばかりなのです。
そう思ってもらうには、施術者に理由を伝えて癒して下さい!と低姿勢でお願いするのがベストです。

 

聞いた事に素直に答えてくれる人

人の体は似ていますが違うものです。
強さの感じ方も人によって違いますし、気持ちいいという度合いもバラバラです。
なので施術者の人はお客さんに対してヒアリングを必ずしてくれます。
その時聞かれた事に対してちゃんと答えてくれる人が、スタッフの人にとっては良いお客さんになります。
気を遣って本当の事を言わなかったりするのは却って良くありませんし、何でも良いから揉んで!と言う人も施術者は困ってしまいます。
それ関係ある?という質問に対しては軽くあしらっても良いですが、施術に関する質問には素直に思った事を答えるようにしましょう。

 
以上、良いお客さんになるメリットと、良いお客さんになる為にはを書かせていただきました。